文字サイズ:

手作りおもちゃ

子どもの発達を助ける道具として、玩具や遊具はなくてはならないもの

日々の生活の中で赤ちゃんたちの興味や関心を高め、五感を刺激し、遊びが広がることを願いつつ、玩具や遊具を吟味することが大切なことだと思います。

ごっこ遊びでなりきるために・・・
例えば2才児になると、ごっこあそびや再現遊びを喜んで行う姿が見られます。
そこで、ままごとごっこでは「お母さん」になりきるためにの小道具として、エプロンや袋物などを用意しています。