絵画造形遊び

乳児のときから紙に線を描いたり、葉っぱを並べて貼ったりたりするところから、やがてみんなで大きな壁面や立体を作れるようになります。
子どもたちがいろいろな材料を使って集中して遊べるように大人が準備をしますが、自由に取り組む中で気持ちが表現されていきます。作られていく時に子ども達の思いが読み取れて、大人にとっても学びがある遊びです。
300 x 200300 x 200

保育展の様子