コロナショック

保育園はいつも顔が見えるところで子どもや親御さんと話すことができる場でした。ノートだけでは分からないことも、お迎えの帰りにちょこっと直接立ち話しすると、お互いスッキリすることも。
今はそれができません。触れないことがお互いを守ることにもつながるからです。だからこそ、いろんな方法でつながっていくしかない。それを頭をしぼって、心を伸ばして、お家で自粛されている方に少しでも届けばいいな~と思い、園長ブログ始めます。おひとりでも気づいてくれることを願って。画像の説明保育園の駐車場の畑で赤くなった🍓

さてさて、テレビばかり見ていると気が滅入りませんか。必要な情報を取りつつも、見過ぎないようにしています。不安や恐怖が上回ると人はおかしくなるので。攻撃対象を無理に作ったり、怒りを近場にぶつけたり、1人の闇にこもったり、弱さが大事な人を傷つけることにもつながります。
なので、心の健康を保つことも、こんな時こそとっても重要です。
1人1人の生きる力が試されていると思います。ただ命を保つのではなく、健康におもしろくイキイキと生きる力を。
自分で、今幸せと感じる瞬間、夢中になれること、今までやってたけれど止めてスッキリしたこと…コロナショック前まで見えていなかったけれど、今は「見えた」気がする「見えないもの」を教えてください。そこには本当に大事なものがはっきりと現れてくるのではないでしょうか。

コメント


認証コード7375

コメントは管理者の承認後に表示されます。